ウルトラマンメビウスネタバレ
ウルトラマンメビウス最終回

ウルトラマン メビウス 映画

メビウス43話

脅威のメビウスキラー
異次元超人メビウスキラー
異次元超人巨大ヤプール
宇宙同化獣ガディバ
策謀宇宙人デスレム
冷凍星人グローザム
悪質宇宙人メフィラス星人

--------------------------------------------------------------------------------
 闇の空間に3つの巨大なシルエット。そこへ近づくもう1つの影。
デスレム・グローザム・メフィラス星人、そしてヤプールだ・・・。

フェニックスネストにはジングウジ・アヤが訪れていた。
世界的海洋自然科学者のアヤは、実はタケナカ最高総議長の孫だったのだ!
驚くミライをアヤはデートに連れ出す。
今回アヤがミライを訪ねたのは、ある心に秘めた思いをはっきりさせるため。
2人は街に出て幸せな時間を過ごすのだった。
その頃基地には、怪獣を呼び寄せるとされる時空波の発信源が判明したという情報入っていた。
直ちにGUYSが出動態勢に。連絡の取れないミライを残してフェニックスネストが発進する。
一方ようやく事態に気づいたミライは急いで戦いに向かう。
そんな彼の前に現れたのは・・・以前完全に封印したはずのヤプールだった!

ウルトラマン メビウス 映画

メビウス44話

エースの願い
満月超獣ルナチクス
異次元超人巨大ヤプール
冷凍星人グローザム
悪質宇宙人メフィラス星人

--------------------------------------------------------------------------------
 突然地面が割れ、未知の空間に呑みこまれたミライ、アヤ、ヒルカワの3人。
気がつくとそこは破壊された都市の残骸であった。
ヒルカワが自分だけ助かろうと歩き出したとき、再びあの黒ずくめの男・・・ヤプールが現れた。
ヤプールはヒルカワに「ミライを撃てば命を助けてやる」と銃を渡す。
簡単に撃ってしまうヒルカワの姿をミライに見せつけ、人間に失望させようという魂胆だ。
その頃、隊員たちが乗るフェニックスネストはエンジンが停止し月面に不時着していた。
そこには巨大な石柱が。エンジン停止はこの石柱の仕業だろうか。
その時マリナが不思議な声を聞いた。誰かが石柱を破壊する方法を語りかけてくれているのだ。
声の主は・・・北斗星司!ウルトラマンエースだった!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。