ウルトラマンメビウスネタバレ
ウルトラマンメビウス最終回

ウルトラマン メビウス 動画

メビウス25話

毒蛾のプログラム
蛾超獣ドラゴリー
異次元人ヤプール

--------------------------------------------------------------------------------
 メビウスが倒した怪獣は、「ヤプール」に操られていた怪獣兵器であることが分かった。
つまりヤプールを倒さない限り、次々と怪獣兵器である超獣が送り込まれてくるのだ。
すでに蛾超獣ドラゴリーが出現、暴れている。
GUYSが頭を抱えているところへ、異次元物理学のスペシャリスト・フジサワ教授が基地に向かっているとの連絡が入った。
サコミズ隊長の慌てぶりを見てよほどの人物かと思いきや、現れたのはラテンのりの若い美女。
美しいフジサワアサミにジョージは一目ぼれしてしまう。
ジョージと2人きりになったアサミは、メテオールを使って自分を撃つようジョージに頼む。
ジョージにはアサミの意図が分からない。しかしその後ジョージはアサミの体に巨大な蛾が侵入するのを目撃。
これは何を意味するのか・・・。

一方基地ではドラゴリーがヤプールの影響で蘇った33年前の怪獣であることが判明した。
アサミは対ヤプール兵器を開発したらしいが、この兵器は水につけると大爆発の恐れがあるという。
それを知ってピンときたジョージはアサミの危険を察知し基地のプールへ向かう。
案の定アサミの体はヤプールに支配されていた。
ヤプールが乗り移ったアサミは、危険な対ヤプール兵器を水面に向かって放り投げる!
兵器が水に落ちれば大爆発!その瞬間泳げないジョージは!!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。