ウルトラマンメビウスネタバレ
ウルトラマンメビウス最終回

ウルトラマン メビウス 最終回

ウルトラマンメビウス47話

メフィラスの遊戯
悪質宇宙人メフィラス星人
宇宙礫岩怪獣グロマイト

--------------------------------------------------------------------------------
 ある丘に1人佇む男。
胸には科学特捜隊のシンボルが・・・ハヤタ隊員・ウルトラマンだ!
 ミライの夢の中にメフィラス星人が現れた。
メフィラスは、ウルトラマンメビウスを倒すのは自分ではなくGUYS隊員達だと宣告する。
はっとして目が覚めたミライは、公園の子供達がメフィラスは地球を守るヒーロー、そしてメビウスは侵略者だと口々に言っているのを耳にする。
メビウスについての記憶がメフィラスに置き換えられてしまっているのだ。
そこへメフィラス星人が出現。ミライはメビウスに変身するが、GUYSの戦闘機はなんとメフィラスを援護しているではないか。
その後テッペイもとへ向かったミライは何とか自分を思い出してもらおうとする。
テッペイはなかなか信じないが、少し心を動かされているようだ。
基地に向かった二人は、メフィラスが停滞させている円盤が人間の脳を操作していることを突き止める。
そこへリュウたちがやって来た。自分がウルトラマンメビウスだと言うミライに隊員達は銃を向ける!
悲しみのあまりミライはメフィラスの円盤を撃とうとガンローダーで飛び出した。
一緒に乗り込んだテッペイに、メフィラスは「ミライを撃て」と指令を出す。
そして遂にテッペイは震える手でミライに銃を向けた・・・!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。